O.Yの読書感想文

月平均4冊しか読まないにわかですが、自分なりに読んだ本の感想まとめています。ネタバレは基本しません。

「余命10年」を読んで

余命10年

f:id:OY002:20220708170341j:image

作者 小坂 流加

出版社 文芸社文庫NEO

あらすじ

20歳の茉莉は、数万人に一人という不治の病にかかり、余命が10年であることを知る。笑顔でいなければ周りが追いつめられる。何かをはじめても志半ばで諦めなくてはならない。未来に対する諦めから死への恐怖は薄れ、淡々とした日々を過ごしていく。そして、何となくはじめた趣味に情熱を注ぎ、恋はしないと心に決める茉莉だったが……。涙よりせつないラブストーリー。

 

⚠️注意⚠️

・あくまで個人の感想です

・ネタバレをできるだけ最低限に押さえる努力はしていますしこの先を読んだあとでも面白く読めるようにしているつもりですが一切ネタバレされたくない人は読まないことを推奨します

 

感想

なんとなく映画が話題だったのと

kindleプライムで無料だったので

読み始めました

 

正直僕はどっかで見たことある作品を

上手くまとめた模倣絵が

本当に好きではないので

これもそういう作品かなと思ったのですが

全く違っていました

 

10年後に死ぬとわかっていて

この先をどう生きていくのか

10年と聞けばとても長いようでとても短い

絶妙な期間で何かを成すには短くて

何もしないには長すぎる時間

序盤から主人公がアニメにハマるだけで

恋愛をほとんどしないことにとても驚きました

 

ありきたりな恋愛作品でなく死というものに

しっかり向き合っているからこそ

こういう表現ができるんだと思います

 

特にこの作者も重い病気を持って

もう亡くなっていると知ってから

この作品の思いもかなり変わってきました

 

死という明確な終わりを前に

自分はどう生きるんだろう

それがとても気になりました