O.Yの読書感想文

月平均4冊しか読まないにわかですが、自分なりに読んだ本の感想まとめています。ネタバレは基本しません。

「真夜中乙女戦争」を読んで

真夜中乙女戦争

f:id:OY002:20220906151955j:image

作者 F

出版社 角川文庫

あらすじ

友達はいない。恩師もいない。恋人もできない。好きな人の好きな人は私ではない。夢も趣味も特技もない。InstagramTwitterYouTubeもくだらない。なにもかもが眩しく、虚しく、どうでもいい。
東京で一人暮らしを始めた大学一年生の「私」は、夜になっても眠ることができない。やりたいこともなりたいものもなく、無気力な日々の中、「私」はサークルに入り冷酷で美しく聡明な「先輩」と出会う。しかし彼女一人を除いて誰とも馴染めず、すぐそのサークルとも疎遠となる。そんな「私」を唯一潤わしたのは、毎晩のように東京タワーの近くまで歩いて行き、毎晩のようにタワーだけを眺め続ける、そんな無意味な行為だけだった。 講義にもサークルにも行かず、散歩をするか、あるいは図書館で勉強を続けるだけの生活に半ば絶望していた夜、図書館横の喫煙所に佇んでいると見知らぬ男が「火、ある?」と声を掛けてきた。
この男との出会いが、これから起こることのすべて―悪戯、銅像破壊工作、大学破壊工作、暴動、そして東京破壊計画―つまり、最悪の始まりだった。一方、「私」と「先輩」の距離はだんだんと接近していく……。

感想

退屈な大学生活から一気に

東京破壊計画へと巻き込まれていく

鋭くて不思議な物語

 

最初は主人公の世界に対する愚痴や

人に対する文句がずっと続いて

あんまり好きな物語ではないな

というかこれは物語なのかと思いました

 

最初のサークルの先輩との出会いまでに

100ページくらいかかり

それまでがずっと主人公の退屈な日常が語られ

とにかく進みが遅いというのが第一印象でした

 

それに世界が悪い、環境が悪い

何かのせいにしたところで

何も変わらない世界で文句だけ言い

何もしない人が僕は好きではないからです

そのため退屈なまま読み進めていくと

テンポもよく、展開が面白くなり

想像を超える東京崩壊へと進んでいきます

 

彼の物語は二人との出会いによって

姿を変えます

 

ひとりはサークルの先輩の女性

もう一人は喫煙所にいた黒服

こっからどう展開していくかは

是非自分で確かめてほしいですが

想像以上に面白かったです

 

腐った世の中をぶっ壊す覚悟と

それを抑えてでも守りたいもの

主人公はこの中で何を成し

何を壊し

何に恋するのか

是非本編を読んでみてください

 

 

 

「吉祥寺の朝比奈くん」を読んで

吉祥寺の朝比奈くん

f:id:OY002:20220831152032j:image

作者 中田永一

出版社 祥伝社文庫

あらすじ

彼女の名前は、上から読んでも下から読んでも、山田真野(ヤマダマヤ)。吉祥寺の喫茶店に勤める細身で美人の彼女に会いたくて、僕はその店に通い詰めていた。とあるきっかけで仲良くなることに成功したものの、彼女には何か背景がありそうだ…。愛の永続性を祈る心情の瑞々しさが胸を打つ表題作など、せつない五つの恋愛模様を描く中田永一の代表作。

 

⚠️注意⚠️

・あくまで個人の感想です

・ネタバレをできるだけ最低限に押さえる努力はしていますしこの先を読んだあとでも面白く読めるようにしているつもりですが一切ネタバレされたくない人は読まないことを推奨します

 

感想

すべての小説に叙述トリック

使われる短編集

どの物語にもしっかりとした伏線と

ストーリーがあり、短編集ながら

長編を読んだ後のような不思議な感覚が

あります

 

個人的にはタイトルにもある

吉祥寺の朝比奈くんの物語は

ゆっくりとした物語ながら

最後でひっくり返す展開があるので

かなり読みごたえがあります

 

あくまで展開阿賀面白い作品のため

深い感情が動かされるような物語ではなく

軽い思いで物語を楽しみたい人に

読んでほしいです

「汝、星の如く」を読んで

汝、星のごとく
f:id:OY002:20220819022146j:image

作者 凪良ゆう

出版社 講談社

あらすじ

ーーわたしは愛する男のために人生を誤りたい。

風光明媚な瀬戸内の島に育った高校生の暁海(あきみ)と、自由奔放な母の恋愛に振り回され島に転校してきた櫂(かい)。
ともに心に孤独と欠落を抱えた二人は、惹かれ合い、すれ違い、そして成長していく。
生きることの自由さと不自由さを描き続けてきた著者が紡ぐ、ひとつではない愛の物語。

ーーまともな人間なんてものは幻想だ。俺たちは自らを生きるしかない。

 

⚠️注意⚠️

・あくまで個人の感想です

・ネタバレをできるだけ最低限に押さえる努力はしていますしこの先を読んだあとでも面白く読めるようにしているつもりですが一切ネタバレされたくない人は読まないことを推奨します

 

感想

今一番好きな作家凪良ゆうの最新作

発売日に買ったのに存分に楽しむために

に一日なんの予定がない日まで待ってから

読んでみましたが相変わらず最高でした

 

ネグレクトで女を捨てられない母親に

振り回されながら必死にあがく櫂と

父親が家を出ていき少しずつ

おかしくなっていく母親を支えながら

自分の気持ちを抱え込む暁美

二人が出会って分かれてまた出会う

切なくも暖かい恋の物語

 

この作品を読んで改めて

大人って何なんだろうと感じました

この作品に登場する主人公の親たちは

親でありながら子供が支えられる側でなく

支える側と立場が逆転しています

暴走する親の心に寄り添いながら

機嫌を伺い必死に親を止めようとする

主人公たちの方が親よりも大人に見えます

 

しかし、彼らもまた幼く大人とは違う弱さを

持っています

最初はこういう家庭だから子供が大人の

ようにならなければならないのかもしれない

と思っていましたが

自分にもそういう一面が

あることに気づきました

僕の親は自分の中では最高の親だと思っていて

自分が大学に通う費用を

全部払ってもらえるまで稼ぎ

毎日働いてくれる父親と

僕の面倒を見てくながら僕の趣味を止めずに

一緒に楽しもうとしてくれる専業主婦の母親

裕福ではないですが自分の家庭に不満を

持ったことはないです

そんな僕でも疲れて帰ってきた父親や

祖母に振り回された母親の愚痴を聞くときに

彼らのように様子をうかがっています

親の気持ちが爆発しないように

過度に否定せず、肯定する

どんな家庭でも子供である以上

こうしている子供は多くいるのでは

ないでしょうか

 

20歳成人から18歳成人に変わり

19歳の僕も大人になったわけですが

お酒もたばこも解禁されない今

自分が大人という自覚はまったくないです

自分が尊敬する大人や親でさえもでも

大人とは呼ばない弱さを誰もが持っています

 

20歳になれば大人なのか?

自分のお金で自分を支えれれれば大人なのか?

親になれば大人になれるのか?

法律上では18歳を超えれば大人ですが

皆の意見はきっと違うと思います

 

年齢で大人が決まるのだとすれば

まだ責任も社会もわからない18歳でも

いまだに自立できない

40歳でも大人になりますし

自分のお金で自分を支えられる人が大人なら

子役で親の給料より

稼げる子供も大人になります

親になれば大人になるなら

子供を育てられずパチンコ屋の駐車場で

子供を置き去りにする大人も大人になります

この中に大人はどこにいるのでしょうか?

どこから大人になるのでしょうか?

 

僕はこの世界に自分が想像する大人はいない

のだとこの作品を通じて思いました

どんなに年齢を重ねても、お金を稼げても

きっと子供っぽい弱さがなくなることはない

のだと思います

まだ19年しか生きていないので

堂々とは言えませんし

これから考えは変わるかもしれませんが

 

しかし大人になる自覚を持った人が

僕の想像した理想の着ぐるみのチャックを

隠してくれる人はきっといるのだと思います

僕が大人に見える人は

必死に大人でいるんだなと

思いました

 

語りが長くなりましたが

個人的にはやはりいい作品でした

いつまでも大人になれない主人公たちと

変わらない親、変わっていく環境

そこで出会う人々、失う仲間

いろいろなどうしようもない現実のなかで

大切にしなければいけないことに

気付いていく物語は本当に最高です

 

一つわがままを言うなら

櫂と尚人の漫画によって救われた人を

描いてほしかったことくらいです

 

それでは

 

 

「教室が、ひとりになるまで」を読んで

教室が、ひとりになるまでf:id:OY002:20220808182951j:image

作者 浅倉秋成

出版社 角川文庫

あらすじ

私立北楓高校で起きた生徒の連続自殺。ひとりは学校のトイレで首を吊り、ふたりは校舎から飛び降りた。
「私は教室で大きな声を出しすぎました。調律される必要があります」という、同じ文言の遺書を認めて。
垣内友弘にとって三人の死は疑いようもなく自殺――のはずだった。白瀬美月の言葉を聞くまでは。
「三人とも自殺なんかじゃない。みんなあいつに殺されたの」
最高のクラスで、何故『自殺』は起きたのか。『犯人』の目的は何なのか。

証明不可能な罪。裁くチャンスは、一度きり。
最も孤独な謎解きの幕がひらく。伏線の狙撃手が贈る、慟哭の本格青春ミステリ!

 

⚠️注意⚠️

・あくまで個人の感想です

・ネタバレをできるだけ最低限に押さえる努力はしていますしこの先を読んだあとでも面白く読めるようにしているつもりですが一切ネタバレされたくない人は読まないことを推奨します

 

感想

異能力サスペンスに青春小説が

あわさったような作品

異能力の事態の大まかな説明は

ないものの、しっかりとした伏線も

ありますし、世界がぶっ壊れるような

ことが起きるわけでもなく

上手い感じに異能力とミステリーが

合わさった作品になっています

 

誰が能力者なのか?

犯人は誰なのか?

犯人の能力はなんなのか?

犯人の目的はなんなのか?

作品内に常に謎がちりばめられている

ので、普段小説を読まない人でも

読みやすい作品だと思いますし

作品世界に没入しやすい作品だと思います

 

学校という環境に流れる

カースト意識がこの作品のテーマになっていて

無意識の中に流れる人をコントロールする

空気のようなものに対して

どう向き合っていくかというのがストーリーの

根底にあると思います

陽キャ陰キャ、ぼっち

世界はいろんなくくりを設けて

世界を生きにくくしますが

きっとみんながそれを感じているという

のがこの作品の最後に描かれていたポイントが

個人的に最高でした

 

あなたが嫌いなあの人も実は自分を守るために

必死になっているのかもしれません

本当にあなたは相手のことを考えていますか?

自分勝手になっていませんか?

誰かの行いを許せたとき、

自分のことしか考えていないと気付けたとき、

人は少し大人になれるのかもしれません

 

 

最後に

教室がひとりになるまで

このタイトルにも仕掛けがあるので

是非本作を読んでお確かめください

 

 

「余命10年」を読んで

余命10年

f:id:OY002:20220708170341j:image

作者 小坂 流加

出版社 文芸社文庫NEO

あらすじ

20歳の茉莉は、数万人に一人という不治の病にかかり、余命が10年であることを知る。笑顔でいなければ周りが追いつめられる。何かをはじめても志半ばで諦めなくてはならない。未来に対する諦めから死への恐怖は薄れ、淡々とした日々を過ごしていく。そして、何となくはじめた趣味に情熱を注ぎ、恋はしないと心に決める茉莉だったが……。涙よりせつないラブストーリー。

 

⚠️注意⚠️

・あくまで個人の感想です

・ネタバレをできるだけ最低限に押さえる努力はしていますしこの先を読んだあとでも面白く読めるようにしているつもりですが一切ネタバレされたくない人は読まないことを推奨します

 

感想

なんとなく映画が話題だったのと

kindleプライムで無料だったので

読み始めました

 

正直僕はどっかで見たことある作品を

上手くまとめた模倣絵が

本当に好きではないので

これもそういう作品かなと思ったのですが

全く違っていました

 

10年後に死ぬとわかっていて

この先をどう生きていくのか

10年と聞けばとても長いようでとても短い

絶妙な期間で何かを成すには短くて

何もしないには長すぎる時間

序盤から主人公がアニメにハマるだけで

恋愛をほとんどしないことにとても驚きました

 

ありきたりな恋愛作品でなく死というものに

しっかり向き合っているからこそ

こういう表現ができるんだと思います

 

特にこの作者も重い病気を持って

もう亡くなっていると知ってから

この作品の思いもかなり変わってきました

 

死という明確な終わりを前に

自分はどう生きるんだろう

それがとても気になりました

「許されようとは思いません」を読んで

許されようとは思いませんf:id:OY002:20220701223954j:image

作者 芦沢央

出版社 新潮文庫

あらすじ

「これでおまえも一人前だな」
入社三年目の夏、常に最下位だった営業成績を大きく上げた修哉。
上司にも褒められ、誇らしい気持ちに。
だが売上伝票を見返して全身が強張る。
本来の注文の11倍もの誤受注をしていた――。
躍進中の子役とその祖母、凄惨な運命を作品に刻む画家、
姉の逮捕に混乱する主婦、祖母の納骨のため寒村を訪れた青年。
人の心に潜む闇を巧緻なミステリーに昇華させた5編。

 

⚠️注意⚠️

・あくまで個人の感想です

・ネタバレをできるだけ最低限に押さえる努力はしていますしこの先を読んだあとでも面白く読めるようにしているつもりですが一切ネタバレされたくない人は読まないことを推奨します

 

感想

久々に短編集を読みたいなと思って

家を探していたらあったのがこれだったので

読み始めました

 

短編は

目撃者はいなかった
ありがとう、ばあば
絵の中の男
姉のように
許されようとは思いません

の5編になっているのですが

どれもサスペンス小説でありながら

少し系統が違っていて

色んなパターンのサスペンスを見ながら

中にはどんでん返し要素もあり

読んでてあきにくい短編だなと思いました

 

個人的にはタイトルにどうどう出ている

許されようとは思いませんよりも

姉のようにが物凄く好きでした

注意深く見ていれば気づくはずの

異変を見逃したばかりに

この作品は大きく姿を変えます

これに気づけば詰まんないし

気付かなければ面白いのです

 

そしてもし気づかなければ

2週目はきっと違う見え方を

しているので是非2回目も

読んでみてください

 

他の短編でも

最後はしっかり閉めてくれるので

サスペンスを軽く読みたい

という人は読んでみていいと思います

 

 

 

「15歳のテロリスト」を読んで

15歳のテロリスト

f:id:OY002:20220626011701j:image

作者 松村涼哉

出版社 メディアワークス文庫

あらすじ

「すべて、吹き飛んでしまえ」
突然の犯行予告のあとに起きた新宿駅爆破事件。容疑者は渡辺篤人。たった15歳の少年の犯行は、世間を震撼させた。
少年犯罪を追う記者・安藤は、渡辺篤人を知っていた。かつて、少年犯罪被害者の会で出会った、孤独な少年。何が、彼を凶行に駆り立てたのか――? 進展しない捜査を傍目に、安藤は、行方を晦ませた少年の足取りを追う。
事件の裏に隠された驚愕の事実に安藤が辿り着いたとき、15歳のテロリストの最後の闘いが始まろうとしていた――。

 

⚠️注意⚠️

・あくまで個人の感想です

・ネタバレをできるだけ最低限に押さえる努力はしていますしこの先を読んだあとでも面白く読めるようにしているつもりですが一切ネタバレされたくない人は読まないことを推奨します

 

感想

某動画サイトで投稿された

駅の爆発動画から始まる

少年法によって狂わされた

登場人物たちのサスペンス小説

 

個人的にメディアワークス文庫

作品はタイトル、あらすじ、序盤中盤まで

がとても面白いんですが

終わり方が微妙だったり伏線が微妙だったり

したりする印象なんですが

この作品はしっかりとした

調査と勉強されたうえで作られた作品

であることがわかる完成度でした

 

優しい普通の少年が

どうしてこんな事件を起こすのか

このキーワードの中で少年法というのが

大きくかかわってきます

今でも被害者の処罰感情のために死刑が残る

日本でも少年法は甘いとよく言われます

どんなに人を殺しても残酷な事件を起こしても

その犯罪者が死刑になったり

無期刑になることはありません

 

そして少年法で守られた少年たちは

数年後には普通に働いていたりします

そしてその中にはまた事件を

起こしてしまう人もいるわけです

彼らを反省させたとは思えない

少年たちを見ても

日本の少年法はまったく変わりません

これが良いことななのか悪いことなのか

正直僕にはわからないです

 

この作品を読んだりいろんなニュースを見て

少年法はもっと厳しくなれ

と思うかもしれませんが

14歳までの善悪の区別もつかない少年たち

過酷な環境で過ごしておかしくなった人たちに

本当に更生の余地はないんでしょうか

 

ニュースで取り上げられる事件や

それを題材にした作品は大きい例外を

ピックアップして

大きな問題にしているだけではないのか?

そういうことも考えててこの作品を

触れてみると少し見え方の違う何かが

見えてくるかもしれません

 

作品としては

伏線もしっかりありながら

非常に読みやすいので

是非一度読んでみてください